心とからだの健康を保つには?

今では、心もからだも毎日元気。

悩みはないわけではないのですが、悩みがあっても前向きに生きていけるようになり

200人以上の生徒さん、クライアントさんに

心とからだを健康にしていく方法をお伝えするようになった私ですが、

以前は原因不明の偏頭痛持ちで、心に抱える悩みも数多くありました。

 

 

私が、からだのことを意識し始めたのは、母が病気になってから。

それまで病気は、薬や病院が治してくれるものと思っていたので、

母に対してなにもしてあげることができず、

無力感を感じたまま、あっけなく母は亡くなりました。

 

 

 

 

 

母とはなぜか気が合い、友達のようにいつもおしゃべりをして

時間があれば温泉に行ったり、美味しいものを食べに行ったりする

本当におもしろくて楽しい関係でした。

母は、全てのことに答えを持っていて、聞けばなんでも答えてくれました。

父が亡くなってからは、優しいんだけど口が悪い祖母に対抗する

同志のような関係でもありました。

 

 

そんな大好きな母が亡くなり、30歳でいきなり世帯主になって

親戚づきあいや田畑の管理など、一気に重圧がのしかかってきました。

父と母がいないだけでも心細いのに

お金の管理や家の管理、祖母の面倒もすべて任されて

ひとりでやっていけないよ~?!

お金が無くなったらどうするの~!?

という恐怖をつねに抱えながら暮らしていました。

 

 

すれ違う車や、他の家のあかりを見て

「みんなには家族がいるんだな・・・」

といつもどんよりしていました。

あの頃はいつも不安で、生きた心地がしなく

私ひとりだけ地底人にでもなったような気持ちでいました。

 

 

落ち込んでいる中でも、人生の短さを感じた私は

いつかはやりたい!と思っていたエステティシャンの道へ。

そして独立して、自宅サロンを始めました。

 

 

初めての起業は、精神的に未熟だったこともあり

あまりうまくはいきませんでしたが

周りの人たちに支えられ、なんとか過ごして

数年後に結婚しました。

 

 

結婚した相手は夜勤の仕事をしている人でした。

私は、からだのことが心配になり、ここで薬膳の勉強を始めました。

子どもも生まれ、薬を使わない子育てがしたいと思い

自然療法の学校に入り、ホメオパスになりました。

 

 

 

 

薬膳の資格も取り、毎日の食事には気をつけて

自然療法で、自分や家族のケアができるようになって、

健康的な生活をしていると自負していました。

 

 

ただ、結婚生活の方は、ずっとすれ違いが続き、

顔を合わせる時間もない

話をしても、本当に言いたいことは言えない

というような感じで、

ほとんど、子どもとふたりで過ごすという生活を続けていました。

 

 

ある時、ホメオパスの学校でインナーチャイルドセラピーというコースを見つけ

軽い気持ちで学び始めたところ、

今までの出来事の、点と点がつながるような

答え合わせをしているような

数々の人生での疑問が解けていきました。

 

 

なぜ、母は病気になったのだろう?

なぜ、結婚生活は上手くいかないのだろう?

そもそも、なんで私は自分の夢を追いかけなかったのだろう?

 

 

などの原因を、自分の心を見つめることで知ることができ、

自分を苦しめていた”すり込まれた価値観”を

少しずつですが、手放していくことができました。

 

 

自分の気持ちは、あまりオープンにせず

自分より周りがどう思うかを気づかったり、

自由に生きたい!と思っているはずが

家に縛られて生きていたり・・・

 

 

私は私を無視して生きてきたことに気がつきました。

そして、心がからだに及ぼす影響の大きさを知り、

薬膳や自然療法で体調管理する前の土台として

心を健康にしておくことの大切さを痛感しました。

 

 

 

 

それから私は、学校で出される毎回のワークに取り組み

自分の心のクセを探し出しては、癒して手放すということを

くり返し行いました。

 

 

このインナーチャイルドセラピーは

今までフタをしていた、見ないようにしていた

本心を知るワークなので

人によってはツラい場合もあります。

 

 

でも私の場合は、からだが調っていたせいか

クイズを解いていくような感覚で

セラピーを進めていくことができ、

すがすがしい涙を流しながら、自分の心を取りもどしていきました。

 

 

今までいかに、自分が自分を無視していたのか

自分よりも周りの人の気持ちばかりを優先してきたのか

そんなことがわかったインナーチャイルドセラピーの学びでした。

 

 

自分を無視していると

周りからも無視される出来事がおこります。

私の場合は結婚生活でそれを感じていました。

 

 

おそらく相手にそんなつもりはなかったと思います。

でも、潜在意識の方で

「私は二の次、周りを優先」

という価値観がある限り、そう感じる出来事が続きます。

 

 

夜勤で生活はすれ違い。

子育てもひとりでしている感じで、パートナーがいるという実感が

あまりわかない結婚生活でした。

 

 

結婚さえも、自分の価値観ではなく

”家の価値観””親の価値観”でしていた私は

もうこの状況は卒業だと感じ、

「波風を立ててずに、なるべく穏便に済ませたい」という

以前の私からは考えられない”離婚”という選択を決断しました。

 

 

 

 

離婚して、また孤独になることも不安だったし

経済的に大丈夫なのかなという恐怖もありましたが

本当の自分の心の声を大事にしたいと思い、私の方から切り出しました。

元夫よりも話す時間が多かった(笑)、元義理の父に引きとめられたりもしましたが

私は初めて、自分で自分の願いを叶えてあげると決めていたので

円満離婚することができました。

 

 

離婚したからには働かなければなりません。

実は前のエステサロン経営は全くうまくいかず、

もう起業するのはこりごりと思っていました(^-^;

 

 

インナーチャイルドとビジネスは紙一重のところがあって

自己肯定感が低い以前の私では、ビジネスをうまく回すことができなかったのです。

それは

「こんな私が施術していいのかな」

「こんな私がお金をもらっていいのかな」

というような意識があるからなんですね。

 

 

離婚という大きな決断を、初めて自分のためにできた私でしたが、

今度はビジネスで自己肯定感を試されるときが来ました。

薬膳や自然療法、心のケアをみっちり学んで自分には実践できている。

でもこれを人に提供できるのか?

という葛藤を抱えながらの再起業でした。

 

 

カフェ

 

 

最初はやっぱりまだ自信が持てなくて、

ビジネスコンサルを受けることにもビビっていて、単発コンサルを受けても

「やっぱりできな~い。゚(゚´Д`゚)゚。」という感じで

バイトに逃げたりするのですが、必ずうまくいかないんです(笑)

辞めるようになっちゃう。(←使命からズレていたからだと思います)

それなのに最後には、就職しちゃおうと思い、働き始めたところでは

毎日怖い思いをすることになり、結局ギックリ腰になって退社。

 

 

そこで決意が固まりました。

私が健康のことを仕事にする意味なんてあるのかな?

とどこかで思っていたのですが、

やりたいことと関係のない仕事でギックリ腰になるまでがんばれるんだったら

意味があるかわからないけど、一番好きなことを全力で頑張ってみてもいいんじゃないかな!

と、ここで初めて、好きなことを仕事にする自分にゴーサインが出せました。

 

 

 

 

ひとりっ子で、跡取り、家督、家のためという価値観を

長年大事に抱えていましたので、

なかなかそれを手放すことができませんでした。

これがすり込まれた価値観=インナーチャイルドなんですね。

 

 

一気に根こそぎ手放せるものではないのですが、

こんな価値観を持っていた!と気付くことは大きな一歩なので

それからは、こんな楽しいことを仕事にしてていいのかな?という罪悪感が出てくるたびに

「もうこれはいらない価値観」「誰も私を責めていない」と思い直す

ということを筋トレのようにくり返しながら、仕事を続けてきました。

 

 

なかなか読み取れなかった自分の本心=潜在意識ともだいぶ仲良くなり

自分の仕事に本気で向き合えるようになったことで、

本気のビジネスコンサルにも申し込むことができました。

本業の知識だけではなく、聞いている相手に合わせて「伝える」ということも学び

私の仕事を本当に必要としてくれている方たちに出会うことができるようになりました。

 

 

メディカルハーブ

 

 

今ではシングルマザーとして、小学生の息子と

すったもんだありながらも協力し合って暮らしています。

色々大変なこともありますが、優等生をやめることができた私は

以前はできなかった「人に頼る」ということもできるようになり、

インナーチャイルドセラピーを知る前より

断然ラクに生きています。

 

 

心があなたらしくあること

いつも心が自由なことが、健康の本当の土台です。

この、心のセラピーをしていくうえで

からだが調っているということが、すごく大切な要素になります。

 

 

Happy Noteの講座や継続コンサルテーションでは

「心を調える」ということを土台に、

心のセラピーをスムーズに行うためにも大切な

体調管理の方法をお伝えしています。

 

 

 

食べもの ココロ 天体

身近にある食材の働きを知って

季節・天体などの自然と調和した生活が出来ると

簡単に体調管理ができるようになります。

 

医学書

 

からだに表れる

ちょっとした不調に目をやって

からだを観察することが出来るようになると

症状が悪化する前に対処することができるようになります。

 

 

からだのことが分かるようになって

あの時あんなサインが出ていたんだなと

今になって分かることがたくさんあります。

 

 

【未病先防ーみびょうせんぼうー】とは、

病気が大きくなる前に見つけて悪化させないこと。

 

 

知ることで、あなた自身も楽しく、

調和がとれたからだになる薬膳や自然療法を学びながら

不調を手放して、心もからだもすっきり暮らしませんか?

 

 

 

【加藤詩乃】

国際薬膳師

中医アロマセラピスト

IOB(ドイツ オーガニックビジネス研究所)認定 オーガニック専門家

一般財団法人 日本ホメオパシー財団(JPHF)認定
ファミリーホメオパス・ホームキッドアドバイザー

一般財団法人 日本ホメオパシー財団(JPHF)認定
インナーチャイルドセラピスト

CHhom(カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー)
プロフェッショナルホメオパスコース在学中

ホリスティックセルフケアマスター講座終了